邁向2020 年的東京物語[第 1 回]

江戶的大名庭園

漫步於優美的庭園

| Daimyo Garden

小石川後樂園

分散著蓬萊島與竹生島,模擬體現琵琶湖的「大泉水」(左上圖)。「圓月橋」據說是朱舜水參與設計的,映照在水面的模樣如同滿月(左下圖)。
德川光圀因讀《史記‧伯夷列傳》受到感銘,於是將伯夷、叔齊的木像安置於「得仁堂」(右上圖)。庭園路面綿延著美麗的石階(右下圖)。

  寬永六年(1629年),水戶德川家始祖水戶賴房將其做為自己在江戶的上屋敷並開始造園,由第二代藩主德川光圀所完成,屬於迴遊式山水庭園。現今已閉鎖的東門後面,亦即現在的東京巨蛋周邊則曾是水戶藩宅邸。庭園面積最大時約有8萬8千坪之大,現存的後樂園卻僅有2萬坪。大泉水周圍以「海景」、「河川之景」、「山景」、「田園之景」為主題配置庭園景觀,是一座呈現豐富景觀變化,可享受散步樂趣的庭園。德川光圀在選定園名時,任命明朝儒學家朱舜水,朱舜水取來自於范仲淹(諡文正)《岳陽樓記》中「士當先天下之憂而憂,後天下之樂而樂也」一句,將庭園命名為「後樂園」。映照在水面的模樣如同滿月的「圓月橋」,據說是朱舜水參與設計的。

於江戶時代早期描繪的《水戸様小石川御屋敷庭之圖》(明治大學博物館所藏)。圖繪右上方是河原書院與能劇舞台,池塘等形狀也與現今的模樣大相逕庭,因此推測是進行大改建之前的庭園。

樹影優美的「一株松」(左圖)。模擬體現位於中國杭州的蘇堤之「西湖之堤」(右圖)。橫跨「小廬山」眺望「大泉水」(下圖)。

小學生的插秧體驗

以「田園之景」為主題的庭園北側,是德川光圀為了將農民的辛勞告訴他的養嗣子德川鋼條的夫人而建成的稻田。為繼承這個傳統,從1975年開始,每年當地小學生都會在五月進行插秧,九月進行割稻的活動;第一次赤腳進入農田的孩童們,光是如此就引起一陣騷動。在庭園管理人的指導下,以不靈巧的手勢插秧苗、割稻,體驗農民辛勞中一點小部分。


DATA

地址:東京都文京區後樂1丁目
電話:03-3811-3015
公休日:12月29日至1月1日
開放時間:9:00至16:30(閉園時間17:00)
入園費:一般民眾300日圓/年滿65歲150日圓 ※小學生及現居於東京都內的中學生免費

100$ Partner JQRを使ってビジネスしよう。

100$発行人の募集と記事販売のご案内 JQR 100$ Publisher Recruitment & On-demand article service

『JQR joint issue project』

We are looking for a partner all of the world !

説明ページへ
Click here for details.

JQRの発行人を広く世界に求めます。発行人は任意の価格をつけて販売したり、広告を集めてフリーペーパーとして配布するなど、JQRを利用したあらゆるビジネスを行えます。また、企業の広報誌やPR誌などとしてもお使い頂けます。発行人となる権利は1号につき100ドル。詳しくは諸条件をご確認ください。個人、企業を問わず、誰でもご利用頂けます。

We are seeking the world wide publishers of JQR. Issuers can do any business using JQR, such as selling with a price attached, collecting advertisements and distributing them as free paper. It can also be used as corporate publicity magazines and PR magazines. The right to be an issuer is $ 100 per issue. Please confirm the conditions in detail. Everyone can use it regardless of individuals or companies.

2011年4月にスタートしたJQRは現在26号まで配信中。
英語、フランス語、中国語2言語で、日本の伝統文化を始め、観光、グルメ、ファッション、最新技術などを世界に伝えています。

JQR which launched in April 2011 is now released No. 26. We issue JQR in English, French and 2 Chinese languages.
We are introducing Japanese traditional culture, sightseeing, gourmet, fashion, latest technology etc. to the world.

説明ページへ
Click here for details.

『JQR on-demand article service』

You can use articles freely

説明ページへ
Click here for details.

JQRの記事を記事単位で利用するサービスです。雑誌やフリーペーパー、広報誌やPR誌などの記事に、また、チラシ、カタログなどのコンテンツとしてご利用頂けます。ご利用料金はページ数にかかわらず1記事50ドルです。詳しくは諸条件をご確認ください。

It is a service that uses articles of JQR for each article. It can be used for articles such as magazines, free papers, public relations magazines and PR magazines, as content such as flyers, catalogs, etc. The fee is $ 50 per article regardless of the number of pages. Please confirm the conditions in detail.

写真やイラストをふんだんに使った美しいレイアウトで内容も多岐にわたります。

Contents are varied in a beautiful layout using plenty of photos and illustrations.

説明ページへ
Click here for details.