邁向2020 年的東京物語[第 1 回]

江戶的大名庭園

漫步於優美的庭園

| Daimyo Garden

浜離宮恩賜庭園

以巨大高樓大廈為借景,盛開的紫藤棚架(左上圖)。利用東京灣的潮汐漲落,從水門導入「潮入之池」的水(左下圖)。向東京灣眺望可看見彩虹大橋(右上圖)。在廣大的庭園中,到處可看到適合海景風光的松樹(右下圖)。

  進入「大手門」(城堡正門)後,隨意漫步而行之際,頭上卻出現了看起來不像都市的廣大空間。來自東京灣的風吹拂,被美麗的綠意與花草包圍的此庭園,始於第四代將軍德川家綱的弟弟─―甲府宰相松平綱重於承應三年(1654年)填海造地所建的「甲府濱屋敷」,之後再經過幾次建設,在第十一代將軍德川家齊時,這片宅地幾乎已有完整面貌,稱為「濱之御苑」。明治維新之後則成為皇室的離宮,稱為「濱離宮」。觀賞看點之一乃是「潮入之池」,是將東京灣海水導入庭園中的「水池」;您可利用「傳橋」橫渡「潮入之池」,於風景優美的「中島之茶屋」休憩片刻。雖然已失去江戶時代的風貌,但您可在高樓大廈包圍的庭園中,享受如時空交錯的不可思議風景。必看的景點尚有第六代將軍德川家宣所種植的「三百年之松」凜然而立的模樣。

於約210年前江戶時代描繪的《濱御殿之繪圖》(德川林政史研究所蔵)。進入「大手門」後設有官員的居所與崗舍;於明治2年(1869年)將此地做為迎賓館用而築建「延遼館」。


兩座獵鴨場

在濱之御苑中,設有兩個名為「庚申堂鴨場」、「新錢座鴨場」池塘,當時可在此進行獵鴨活動。首先從池邊挖有淺壕,在其末端填土,建置一個監視用的地方(圖片1)。接下來以木槌敲打厚木板(圖片2),再給予餌食讓家鴨習慣餵食。以敲打厚木板的聲音為暗號,家鴨朝淺壕(圖片4)而去後,亦引誘野鴨往此地去。從細縫(圖片3)中確認狩獵時間點,再送暗號至淺壕旁,狩獵者再用網兜捕獲野鴨。


可免費使用
手持導覽設備

在園內可免費使用導覽各處景點的手持設備,提供日語、英語、中文(簡體字、繁體字)以及韓文等語言。

DATA

地址:東京都中央區濱離宮庭園
電話:03-3541-0200
公休日:12月29日至1月1日
開放時間:9:00至16:30 ※7月1日至8月10日則開放於7:30(閉園時間17:00)
入園費:一般民眾300日圓/年滿65歲150日圓 ※小學生及現居於東京都內的中學生免費

100$ Partner JQRを使ってビジネスしよう。

100$発行人の募集と記事販売のご案内 JQR 100$ Publisher Recruitment & On-demand article service

『JQR joint issue project』

We are looking for a partner all of the world !

説明ページへ
Click here for details.

JQRの発行人を広く世界に求めます。発行人は任意の価格をつけて販売したり、広告を集めてフリーペーパーとして配布するなど、JQRを利用したあらゆるビジネスを行えます。また、企業の広報誌やPR誌などとしてもお使い頂けます。発行人となる権利は1号につき100ドル。詳しくは諸条件をご確認ください。個人、企業を問わず、誰でもご利用頂けます。

We are seeking the world wide publishers of JQR. Issuers can do any business using JQR, such as selling with a price attached, collecting advertisements and distributing them as free paper. It can also be used as corporate publicity magazines and PR magazines. The right to be an issuer is $ 100 per issue. Please confirm the conditions in detail. Everyone can use it regardless of individuals or companies.

2011年4月にスタートしたJQRは現在26号まで配信中。
英語、フランス語、中国語2言語で、日本の伝統文化を始め、観光、グルメ、ファッション、最新技術などを世界に伝えています。

JQR which launched in April 2011 is now released No. 26. We issue JQR in English, French and 2 Chinese languages.
We are introducing Japanese traditional culture, sightseeing, gourmet, fashion, latest technology etc. to the world.

説明ページへ
Click here for details.

『JQR on-demand article service』

You can use articles freely

説明ページへ
Click here for details.

JQRの記事を記事単位で利用するサービスです。雑誌やフリーペーパー、広報誌やPR誌などの記事に、また、チラシ、カタログなどのコンテンツとしてご利用頂けます。ご利用料金はページ数にかかわらず1記事50ドルです。詳しくは諸条件をご確認ください。

It is a service that uses articles of JQR for each article. It can be used for articles such as magazines, free papers, public relations magazines and PR magazines, as content such as flyers, catalogs, etc. The fee is $ 50 per article regardless of the number of pages. Please confirm the conditions in detail.

写真やイラストをふんだんに使った美しいレイアウトで内容も多岐にわたります。

Contents are varied in a beautiful layout using plenty of photos and illustrations.

説明ページへ
Click here for details.