| Traditional & Culture

冬から夏への贈り物 – ユネスコの無形文化遺産に登録された『小千谷縮』

冬になると、女性たちが部屋に集まり黙々と指先を動かす。数ミリ、数センチと、手塩にかけて苧麻糸が紡がれる。反物に織られた布が、早春の晴れた雪原で晒されるまで、丁寧で根気の要る手作業が黙々と進む。

平成に復元された途絶えた伝統

越後上布と小千縮は2009年にユネスコの無形文化遺産に登録された。日本の布では初めての認定であった。その名誉は、自己主張が苦手で慎み深い雪国の人にとって嬉しい評価だったに違いない。しかし、登録までの経緯は悲喜こもごもだったという。本物の小千谷縮と認められる品質の反物生産は、実は一時途絶えていたのだった。

1955年(昭和30年)、越後上布・小千谷縮は国の重要無形文化財に指定されたが、その名を冠することができる品として5つの条件があった。手積した苧麻糸で、絣模様の時は手くびり、そしていざり機で織り、しぼ作りは手湯もみ、足もみ、最後に雪晒しという厳しいものだった。

紡績糸や機械織りへと進んでいた時代、職人が手腕をふるって布をつくるには、着物需要の先細りもあり、難しかった。その後、糸を手で積むことからはじめ、7年の歳月を経て1989年(平成元年)にすべての工程が復元されたのである。もちろん今では、着物用の反物のみならず、仕事に近い繊細な機械を駆使して織られる縮み布というインテリアや現代の洋服にも適応した進化も遂げている。

暮らしの様式も変化し、民俗衣装の着物は冠婚葬祭ですら着られなくなってきたことは事実だ。しかし、何よりも日本の風土に合い、日本人の体系や見目や所作を美しく見せる衣として若い世代にも見直されつつある。

100$ Partner JQRを使ってビジネスしよう。

100$発行人の募集と記事販売のご案内 JQR 100$ Publisher Recruitment & On-demand article service

『JQR joint issue project』

We are looking for a partner all of the world !

説明ページへ
Click here for details.

JQRの発行人を広く世界に求めます。発行人は任意の価格をつけて販売したり、広告を集めてフリーペーパーとして配布するなど、JQRを利用したあらゆるビジネスを行えます。また、企業の広報誌やPR誌などとしてもお使い頂けます。発行人となる権利は1号につき100ドル。詳しくは諸条件をご確認ください。個人、企業を問わず、誰でもご利用頂けます。

We are seeking the world wide publishers of JQR. Issuers can do any business using JQR, such as selling with a price attached, collecting advertisements and distributing them as free paper. It can also be used as corporate publicity magazines and PR magazines. The right to be an issuer is $ 100 per issue. Please confirm the conditions in detail. Everyone can use it regardless of individuals or companies.

2011年4月にスタートしたJQRは現在26号まで配信中。
英語、フランス語、中国語2言語で、日本の伝統文化を始め、観光、グルメ、ファッション、最新技術などを世界に伝えています。

JQR which launched in April 2011 is now released No. 26. We issue JQR in English, French and 2 Chinese languages.
We are introducing Japanese traditional culture, sightseeing, gourmet, fashion, latest technology etc. to the world.

説明ページへ
Click here for details.

『JQR on-demand article service』

You can use articles freely

説明ページへ
Click here for details.

JQRの記事を記事単位で利用するサービスです。雑誌やフリーペーパー、広報誌やPR誌などの記事に、また、チラシ、カタログなどのコンテンツとしてご利用頂けます。ご利用料金はページ数にかかわらず1記事50ドルです。詳しくは諸条件をご確認ください。

It is a service that uses articles of JQR for each article. It can be used for articles such as magazines, free papers, public relations magazines and PR magazines, as content such as flyers, catalogs, etc. The fee is $ 50 per article regardless of the number of pages. Please confirm the conditions in detail.

写真やイラストをふんだんに使った美しいレイアウトで内容も多岐にわたります。

Contents are varied in a beautiful layout using plenty of photos and illustrations.

説明ページへ
Click here for details.