| Discoveries

海底に突如現れた謎の幾何学模様は、 芸術家肌のフグが作る美しい産卵巣だった!

砂をより分け配置するなど精巧な作りの産卵巣
写真提供/大方洋二
アマミホシゾラフグのオスがメスの体を噛んで産卵を促している 。
写真提供/大方洋二

人類が21世紀に足を踏み入れた15年ほど前のこと。奄美大島沖10〜30mの海底で美しい砂の文様が発見された。直径2mほどの円形に刻まれた幾何学模様は芸術性が極めて高く、ダイバーを中心に話題になった。だが、誰がどのように作ったのか、皆目見当がつかなかった。

 その後、このミステリーサークルは毎年4月から8月にかけて現れることが判明。そして2011年5月、水中写真家の大方洋二氏がこのサークルを作る魚の撮影に成功したのである。この報を受けたNHKの取材チームがすぐに調査を開始し、魚の研究者である国立科学博物館の松浦啓一氏が研究を行った。その後、現地ダイバーの協力を得ながら約2年にわたって調査を行ったところ新種のフグだとわかり、2014年9月に論文を発表。アマミホシゾラフグと命名された。

 そして、米ニューヨーク州立大・国際生物種探査研究所が今年発表した「世界の新種トップ10」に、このアマミホシゾラフグが選ばれたのである。新種として登録される生物は毎年約1万8000種にものぼるが、日本の固有種が選ばれたのは今回が初めて。海底に芸術的なサークルを作るという、ユニークな行動が評価されたという。

1週間かけて作る産卵巣

調査・研究の結果、このサークルはメスが卵を産むための巣であることが判明した。体長約12cmのオスがメスをおびき寄せ、卵を産んでもらうために体を使って海底の砂を掘り、直径約2mの幾何学的な模様の円を約1週間かけて作り上げる。メスは円の中心に卵を産み、この複雑な模様によって潮流が円の中心へ向かい、新鮮な海水が卵に供給されるという。産卵巣を作る魚は他にも見られるが、ここまで精巧なものを作る魚は極めて稀である。

 「放射線状の線は24〜30本と個体によって差が見られ、巣のでき具合によってモテるオスとモテないオスの差があるのではないかと推測しています。また、ゴミと貝を区別しながら巣の周りに飾りのように置くなど、ほかにも興味深い習性がたくさんあります」

 と松浦氏。ミステリアスなアマミゾラフグの調査はまだまだ続く。

松浦啓一さん
学博物館名誉研究員。専門分野はフグ、カワハギ、珊瑚礁性魚類などの系統や分類、分布など。魚類図鑑の監修なども行っている。

100$ Partner JQRを使ってビジネスしよう。

100$発行人の募集と記事販売のご案内 JQR 100$ Publisher Recruitment & On-demand article service

『JQR joint issue project』

We are looking for a partner all of the world !

説明ページへ
Click here for details.

JQRの発行人を広く世界に求めます。発行人は任意の価格をつけて販売したり、広告を集めてフリーペーパーとして配布するなど、JQRを利用したあらゆるビジネスを行えます。また、企業の広報誌やPR誌などとしてもお使い頂けます。発行人となる権利は1号につき100ドル。詳しくは諸条件をご確認ください。個人、企業を問わず、誰でもご利用頂けます。

We are seeking the world wide publishers of JQR. Issuers can do any business using JQR, such as selling with a price attached, collecting advertisements and distributing them as free paper. It can also be used as corporate publicity magazines and PR magazines. The right to be an issuer is $ 100 per issue. Please confirm the conditions in detail. Everyone can use it regardless of individuals or companies.

2011年4月にスタートしたJQRは現在26号まで配信中。
英語、フランス語、中国語2言語で、日本の伝統文化を始め、観光、グルメ、ファッション、最新技術などを世界に伝えています。

JQR which launched in April 2011 is now released No. 26. We issue JQR in English, French and 2 Chinese languages.
We are introducing Japanese traditional culture, sightseeing, gourmet, fashion, latest technology etc. to the world.

説明ページへ
Click here for details.

『JQR on-demand article service』

You can use articles freely

説明ページへ
Click here for details.

JQRの記事を記事単位で利用するサービスです。雑誌やフリーペーパー、広報誌やPR誌などの記事に、また、チラシ、カタログなどのコンテンツとしてご利用頂けます。ご利用料金はページ数にかかわらず1記事50ドルです。詳しくは諸条件をご確認ください。

It is a service that uses articles of JQR for each article. It can be used for articles such as magazines, free papers, public relations magazines and PR magazines, as content such as flyers, catalogs, etc. The fee is $ 50 per article regardless of the number of pages. Please confirm the conditions in detail.

写真やイラストをふんだんに使った美しいレイアウトで内容も多岐にわたります。

Contents are varied in a beautiful layout using plenty of photos and illustrations.

説明ページへ
Click here for details.