ビューワーで読む

JQR INTERVIEW – クロード・ガニオン監督

Decrease Font Size Increase Font Size Text Size Print This Page

 

JQR INTERVIEW – クロード・ガニオン監督

 

 

日本は変わったように見えるが、
本質はほんの少ししか変わっていない

 多くの映画ファンは映画「ケニー」と、その監督である髭を生やした長髪のケベック人のことを記憶にとどめているが、このクロード・ガニオン監督の知名度はどこよりも日本で高い。日本で撮影された出世作「Keiko」(1979)はガニオンに国際的名声を与えたのみならず、ガニオンと日本の絆を固めた。彼の作品は数多いが、まず思い浮かぶのは「窯焚Kamataki」と、全編沖縄で撮影された最新作「カラカラ」である。後者は、退職後にスピリチュアルなものを求めてケベックからやって来たインテリと家庭生活に問題を抱える日本女性の物語である。日本で一月に公開されて以来、この映画は好評を博しているうえ、すでにいくつかの優秀賞を獲得している。東京滞在中にクロード・ガニオン監督が自身と日本の関係を語ってくれた。

 私が二十歳のころ、インテリなら誰しもフランスに行くのが普通だった。だが、私は今に至るまで、他人と同じように振舞ったことは一度もない。私は、文化、宗教、哲学、地理のどれをとっても自分が知っている世界とは全く異なる国を見つけようとした。

 1960年代、私は映画の道に進むために名門校を去り、古典的学問を放棄した。そして68年、書物の外の世界を発見するためにヒッチハイクでメキシコに向かった。オリンピック開催中のメキシコを見聞するためだ。なかなかどうして奇妙なことだが、旅の途中で自分が米国のことを何も知らない、と気付いた。知っていることは、本の中で読んだことだけだった。ある橋の向こうまで私を車に乗せてくれた黒人から5ドル恵んでもらったことがあった。泊まるところが無いので留置場で一晩過ごした私を憐れんだのだ。こんな経験は18歳の私にとって、本で得た知識とは全くかみ合わなかった。サルトルやカミュを読んですべて分かったつもりだった若者が、現実の世界に放り込まれたのだ。それまでアメリカ人に抱いていたイメージは誤っていた。少なくとも部分的に。アメリカ南部では、ピックアップトラックを運転する男に拾ってもらった。本物のピックアップトラックで、男は帽子をかぶってカービン銃を持っており、あの時代の流行に乗って私が誇らしげに伸ばしていた髭と長髪を実に胡散臭げに眺めていた。私がスポーツマンで、大のアメフト好きだったのは幸いだった。男がカナダのリーグでプレイしているテキサス出身の選手の名前を出したとき、私はすぐさま「Oh!Myfavorite!(僕、彼のファンです!)」と切り返し、これで相手の好意を勝ち得た。彼は私を理髪店の前で降ろし、散髪代としていくらかの金を渡してくれた。私は理髪店の門をくぐってから、物陰に隠れ、男が立ち去るまで待った。人は他人をどのように見るのか、私が他人からどのように見られるかについて、私の蒙を啓く経験だった。

この記事の感想
  • とてもおもしろく役に立った (1)
  • おもしろかった (0)
  • 役に立った (0)
  • つまらなかった (0)

Pages: 1 2 3 4