sym_01

Hamarikyuonshiteien

浜離宮恩賜庭園

Decrease Font Size Increase Font Size Text Size Print This Page

巨大なビルを借景に満開の藤棚(左上)。東京湾の干満を利用して、水門から潮入の池の水を引き入れる(左下)。東京湾越しにレインボーブリッジを望む(右上)。広大な敷地に、海に似合いの松が点在する(右下)。

p03

210年ほど前の江戸時代に描かれた「浜御殿ノ絵図」(徳川林政史研究所蔵)。大手門を入ると役人の住居や番所などがあった。その同じ場所に、明治2年に迎賓館として延遼館が造られた。

 大手門を入りそぞろ歩くと、頭上には都会とは思えない広大な空間が現れる。東京湾からの風が渡り、美しい緑や花に囲まれた庭園は、徳川4代将軍・家綱の弟で甲府宰相の松平綱重が承応3年(1654年)に浜辺を埋め立て建てた「甲府浜屋敷」が始まり。数度の造園を経て11代将軍家斉の頃にほぼ完成し「浜の御苑」と呼ばれた。明治維新以降は皇室の離宮となり、名前も「浜離宮」となる。見所のひとつ、潮入の池は東京湾の海水を利用した「池」。この潮入りの池を「お伝い橋」で渡り、眺めの良い中島の御茶屋で休息するのもいい。江戸時代の風情は失われたが、高層ビルで囲まれた庭園という隔世が重なる不思議な風景が楽しめる。6代将軍・家宣が植えた「三百年の松」の堂々たる姿も必見。

「潮入の池」から望む「中島の御茶屋」(左)。6代将軍家宣が庭園を改修した時に植えられた「300年の松」(右)。

p04

p07

ふたつの鴨場

浜の御苑には「庚申堂鴨場」と「新銭座鴨場」のふたつの池が設けられ、鴨猟を行った。まず池から細い堀を引き、その終わりに盛り土をして見張り場所をつくる(写真①)。次に木槌で厚板を(写真②)鳴らしアヒルに餌を与えて飼い慣らす。厚板を打つ音を合図にアヒルが引堀(写真④)に向かうと、鴨も誘われやって来る。小のぞき(写真③)でタイミングを確認し引堀脇に合図を送り、投げ手が網を投げて鴨を獲る。

p08

p06

携帯端末で庭園案内

園内の見所を案内してくれる携帯端末が無料で利用できる。日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語に対応。

DATA

所在地/中央区浜離宮庭園
電話/03-3541-0200
休園日/12月29日〜1月1日
入園時間/9:00〜16:30
※7月1日から8月10日は7:30に開園(閉園17:00)
入園料/一般300円、65歳以上150円 ※小学生及び都内在住の中学生は無料

この記事の感想
  • とてもおもしろく役に立った (0)
  • おもしろかった (0)
  • 役に立った (0)
  • つまらなかった (0)