トラベル

外国人向け福袋が初登場!「どっぷり大相撲堪能福袋」

外国人向け福袋が初登場!「どっぷり大相撲堪能福袋」

東京の観光スポットを効率よく巡りたい。そう思ったら、はとバスのバスツアーがオススメ。人気の2階建てオープンバス「オー・ソラ・ミオ」のツアーでは、希望者全員に音声自動案内システム「TOMODACHI」が配られる。これはGP...…

自動ガイドシステム「TOMODACHI」

自動ガイドシステム「TOMODACHI」

東京の観光スポットを効率よく巡りたい。そう思ったら、はとバスのバスツアーがオススメ。人気の2階建てオープンバス「オー・ソラ・ミオ」のツアーでは、希望者全員に音声自動案内システム「TOMODACHI」が配られる。これはGP...…

「片貝まつり」

「片貝まつり」

世界一の4尺玉で有名な片貝の花火。 それは、地元の人々の想いを込めて打ち上げる、 江戸時代から続く奉納花火である。 写真・文 飯田裕子 3尺玉、4尺玉も初めて打ち上げた! 真上で開く花火は 音も光も迫力満点 同窓が帰省し...…

英語版・月島路地マップ

英語版・月島路地マップ

 芝浦工業大学の建築学科地域デザイン研究室のゼミ生が作成した英語版の「月島路地マップ」が、歩いて暮らせる都市づくりの促進をはかる国際団体、Walk21国際会議主催のコンテストで入賞した。この地図は昔ながらの面影を残す月島...…

おもてなし東京

おもてなし東京

 2020年の東京オリンピック開催に向けて、外国人観光客向けのボランティアガイド「おもてなし東京」がスタートした。新宿や上野など、海外からの観光客に人気のスポットで、毎週、金・土・日曜日に活動する。目印は、青いベストに日...…

越中八尾「おわら風の盆」

越中八尾「おわら風の盆」

写真・文 飯田裕子 江戸時代元禄期に始まった むせび泣く胡弓の調べ 人々を魅了する踊り 芙蓉の花が、まるで恋の花をほころばせるように、 大きな花びらを広げている。夏の終わりの3日間。 身動きできないほどの人で溢れる町内を...…

越後岩室温泉 髙島屋 〜泊まれる料亭〜 国登録有形文化財

越後岩室温泉 髙島屋 〜泊まれる料亭〜 国登録有形文化財

また行きたい宿を探して 初めてでも懐かしさを感じる、越後岩室温泉の旅館。 由緒ある建物と地元の食材を使った会席料理。そして気さくなおもてなし。 心から寛げる宿で過ごすひと時は、実に贅沢なものである。 撮影/飯田裕子 文/...…

暮らすように旅をする 京都町家を遊ぶ

暮らすように旅をする 京都町家を遊ぶ

1200年の歴史を刻む都、京都。悠久の時の流れの中で育まれてきた伝統や文化は魅力的で、奥が深い。そんな京都の“ 心” に触れるには、暮らすように滞在するのがいい。庶民が暮らしてきた町家でゆっくり滞在し、京都のまだ見ぬ魅力...…

年に一度の巨人の行進 大隅町の弥五郎どん祭り

年に一度の巨人の行進 大隅町の弥五郎どん祭り

巨大な人形が町を練り歩く 身長4m以上もある巨大な人形がノッシノッシと練り歩くお祭りがある。鹿児島県曽於市大隅町の「弥五郎どん祭り」だ。十数年前、某旅行雑誌で写真を見て以来、太い眉毛にギョロ目の恐ろしくも愛嬌のある顔と、...…

お祭り列島見て歩き Vol.5 – 芸と農の大共演 – 住吉大社の御田植神事

お祭り列島見て歩き Vol.5 – 芸と農の大共演 – 住吉大社の御田植神事

    盛大な祭りで実りの秋を願う ジメジメした梅雨時に出かけるのは億劫なものだが、この時期にしか見ることのできないお祭りがある。それは田植えのお祭りだ。 稲作の国日本では昔から、田植えは農作業であると同時に田んぼの神様...…

お祭り列島見て歩き Vol.3 – 強くて可笑しい日光責め 輪王寺の強飯式(ごうはんしき)

お祭り列島見て歩き Vol.3 – 強くて可笑しい日光責め 輪王寺の強飯式(ごうはんしき)

    笑いとどよめき、大迫力の儀式 大きなお椀に盛られたご飯を、「一粒残さず平らげろ!」と強要する奇妙なお祭りがある。毎年4月2日、日光山輪王寺で行われる「強飯式」だ。大飯食らいのボクなどは、つい楽しそうなお祭りを想像...…

お祭り列島見て歩き Vol.2 – 元三大師を供養する深大寺のだるま市(3月3、4日)

お祭り列島見て歩き Vol.2 – 元三大師を供養する深大寺のだるま市(3月3、4日)

だるまで真っ赤に埋めつくされる境内 東京都調布市、深大寺のだるま市にやってきた。 調布市と言えば「ゲゲゲの鬼太郎」だ。作者の水木しげる大先生が在住ということで、鬼太郎を大々的にフィーチャーした町興しが展開されている。駅前...…

1 2