特集

相手に委ねるビジネス

相手に委ねるビジネス

道路脇に置かれた新鮮な野菜。そこには売り手の姿がなく、いかにも不用心だ。 それでも「置き野菜」を利用する人は、備え付けの箱にきちんと代金を入れる。 こうした商いは「先用後利」と言われ、300年ほど前に富山の薬売りが行商に...…

収穫した野菜を無人の販売所に置き代金を回収する「置き野菜」ビジネス

収穫した野菜を無人の販売所に置き代金を回収する「置き野菜」ビジネス

「置き野菜」は朝に採れた野菜が並ぶので新鮮。しかも作り手の顔が見えるから安心です。取材中に出会ったおば様は、「明日はこれ食べたいから置いておいて、なんて予約することもあるのよ」って。予約ができるなんて、私、知りませんでし...…

オフィスグリコの『置き菓子®』ビジネスって何?

オフィスグリコの『置き菓子®』ビジネスって何?

通常、メーカーは商品を問屋を通じてスーパーやコンビニなどの小売店へ卸すため、直接、消費者に商品を販売することはない。大手菓子メーカーの江崎グリコもかつてはそうだった。そうした既存の仕組みからの脱却を図り、消費者に直接商品...…

置き薬の歴史と先用後利の思想

置き薬の歴史と先用後利の思想

薬売りが日本各地の家庭を訪問して薬が入った箱を置き、その後再び訪れ薬の代金を回収し、使われた分を補充するという置き薬のビジネス。その始まりは1683年、富山藩第2代藩主・前田正甫(まえだまさとし)公が備前(現在の岡山県)...…

六義園

六義園

六義園に接して六義館があり、柳沢家の別荘、下屋敷の家屋が続いているのが分かる、「六義園之図」(柳沢文庫蔵)。現存するのはもちろん庭園部だけである。  一度訪れると、幾度となく通いたくなる穏やかな風情の庭園である。元禄8年...…

小石川後楽園

小石川後楽園

江戸時代の早い時期に描かれた「水戸様小石川御屋敷庭之図」(明治大学博物館蔵)。絵図の右上には河原書院や能舞台があり、池の形状なども現在とは大きく違うことから、大改造が行われる前の庭園と言われている。   寛永6年(162...…

浜離宮恩賜庭園

浜離宮恩賜庭園

210年ほど前の江戸時代に描かれた「浜御殿ノ絵図」(徳川林政史研究所蔵)。大手門を入ると役人の住居や番所などがあった。その同じ場所に、明治2年に迎賓館として延遼館が造られた。  大手門を入りそぞろ歩くと、頭上には都会とは...…

日本人の美意識の高さに感動した大名庭園で過ごした秋の一日

日本人の美意識の高さに感動した大名庭園で過ごした秋の一日

東母国ハンガリーから旅立ち、 多くの国を巡った数学者のピーター・フランクル氏。 最初で最後との思いで来日しながらも、日本への定住を決めた。 そのひとつのきっかけが、初めて訪れた大名庭園の美しさだった。 聞き手・文/JQR...…

大名庭園を遊ぶ

大名庭園を遊ぶ

花暦 一年中美しい花が咲き競っている大名庭園。 それぞれの花の一番の見頃は短いもの。 そんな美しい一瞬に出会った時の感動は、 いつまでも記憶に残ります。 イベント案内 大名庭園では年間を通じて様々な行事を催している。 普...…

手入れに励む庭師の日々

手入れに励む庭師の日々

庭師の正装と道具 木村さんにお願いして庭師の正装を撮影。背中側の腰に作業道具を下げている。 手首をしっかり守る手甲。布でできている。 庭師の作業着は、作業がしやすい伝統的なもの。下着の上に腹がポケットになっている腹掛けと...…

絵と写真で見る六義園の姿。

絵と写真で見る六義園の姿。

六義園の大泉水に浮かぶ中の島を中心に据え、絵図と写真を年代順に配置した。すると、時代によって風景が異なることが分かる。絵図は宝永2年8月に仙洞御所に献上された、狩野常信、周信、岑信親子による『六義園図』3巻の一部。その頃...…

大名庭園とは何ですか? – それは、用(機能)と景(美)を備えた江戸時代の理想の庭です

大名庭園とは何ですか? – それは、用(機能)と景(美)を備えた江戸時代の理想の庭です

江戸時代、参勤交代で江戸に居を構えた大名は、屋敷に競って大きな庭を設えた。 その数は1000を数えたという。明治維新後、次々と姿を消したが、 今でも東京には、江戸の面影が偲べる庭園が残されている。大名庭園の成り立ちと意味...…

1 2 3 4 5