コラム

Vol.9「カーブ・ボール」の大罪

Vol.9「カーブ・ボール」の大罪

 カーブ=曲線。野球用語でいえばカーブ・ボール=変化球。  何でもないこの言葉が、実はISの台頭をはじめ、現下の中東混迷に至る2003年3月の米軍による「イラク侵略」を引き起こした元凶であるということは知られてない。 「...…

Vol.8 「積極的平和主義」の意図的誤用

Vol.8 「積極的平和主義」の意図的誤用

Photograph: Gary Cameron/Reuters  スタンディング・オベーション!! 総立ちで拍手喝采だ。本年4月29日。日本人としては初めての米国上下院合同議会での安倍晋三総理の50分の演説で、出席議員...…

「うえの夏まつりパレード」

「うえの夏まつりパレード」

日本に住み始めて約1年になるというスペイン人のカロさん。このパレードを見るために上野に来たそう。 カナダ人のルイスさん(左)とアメリカ人のリッチさん(右)。日本在住10年以上で、今日はこのイベントを見にやってきたという。...…

Vol.7 スジャータの物語

Vol.7 スジャータの物語

「あれは何だ?」と、日本語を習い始めたインド人が驚いたように聞く。その指差すほうと見ると、都内あちこちで見る「スジャータ」の配送車だ。「乳製品のブランドだ」と教えると、彼はなるほどと、少し複雑な表情を浮かべる。 聞いてみ...…

テクノロジーの発展を支える世界で最も細かく見える電子顕微鏡 – TECHNOLOGY NEWS

テクノロジーの発展を支える世界で最も細かく見える電子顕微鏡 – TECHNOLOGY NEWS

世界最高水準の電子顕微鏡  日立製作所は、内閣府の最先端研究開発支援プログラムの助成により2010年から開発を進めていた加速電圧1.2メガボルトの「原子分解能・ホログラフィー電子顕微鏡」を完成させ、世界最高となる分解能※...…

これを作った謎の生物の正体は!

これを作った謎の生物の正体は!

人類が21世紀に足を踏み入れた15年ほど前のこと。奄美大島沖10〜30mの海底で美しい砂の文様が発見された。直径2mほどの円形に刻まれた幾何学模様は芸術性が極めて高く、ダイバーを中心に話題になった。だが、誰がどのように作...…

Vol.6 ラッピング広告東西比較

Vol.6 ラッピング広告東西比較

Other Eyes and Ears ~ Intercultural insight through common words 何気ない言葉に見る深遠な異文化論 異目異耳…

妙乃燻上 〜 myonokunjyou 〜

妙乃燻上 〜 myonokunjyou 〜

日持ちさせるためには塩を多く使用すればいい。だが、それでは素材の味が損なわれてしまう。マダムせい子は夜通しチップを絶やさず、長い時間をかけて燻す。それにより熟成によって味わいが変化する、完成度の高い燻製が出来上がる。 釣...…

夜のBreakfast

夜のBreakfast

商社マンとしてサウディ・アラビアの首都リヤド駐在時のこと。スーク(市場)にオフィスがあるお客とアポイントが取れた。「11時に来てほしい」とのことだったので、約束当日、午前11時に行ってみると、店々のシャッターが一斉に降り...…

スマホがコントロールする街、TOKYO

2013年1月29日、東京タワーの足元にある増上寺で行われたイベント「FULL CONOTROL TOKYO」。これ、世界のジャパニーズポップ・アイコン、きゃりーぱみゅぱみゅの単なるバースデーライブコンサートではない。デ...…

何となく女子の入門

何となく女子の入門

志らく一門に女の子が入門した。立川流全体では二人目。先に言っておくが、「女の子」と言っても年は私の一つ下。当人に年齢のことを聞いたら 「今年の8月7日で38です! 花の日です!」 と、満面の笑み付きの返事が返って来たので...…

今、胸にひびく E Pluribus Unum

今、胸にひびく E Pluribus Unum

 マシュー・ペリー提督が率いる黒船が来訪し、日本が200余年に亘る鎖国を解いた、明治維新(1868)から145年。アメリカ合衆国は日本にとって大きな存在である。  ここで、ちょっと考えるとおかしなことに気が付く。「衆」と...…

1 2 3 7