被災した勝山酒造からのメッセージ

まずは被災された方々に篤くお見舞い申し上げると共に、今なお、被災地復旧に全力を尽くされている方々に深く感謝を申し上げる次第でございます。
私のいる宮城県をはじめ東北各地の蔵におきましては、震災により壊滅状態の蔵があるという情報が入る度に同業者として心が痛みます。また同時に、仕込みの真っ最中と言うこともあり、杜氏をはじめ蔵人の悔しさがひしひしと伝って参ります。東北の人は古くから素朴で辛抱強く、不屈の精神を持つと言われております。そして今、一歩でも前に踏み出そうと歯を食いしばって頑張っております。
えにしより酒は、大地の最上の神への捧げ物である。そして酒宴は人の邪念を払い、心を神と通じさせる神事でもあった。被災された人々とその地域の復興を願い、心を一つにして酒を飲めば、此すなわち神事。
ここで皆様のご協力を篤くお願いしたい。東北、特に被災された福島、岩手、宮城の日本酒を飲んで頂きたい!沿岸部の蔵なら尚良し。一杯一杯が蔵の復興の一助となるのである!東北の酒をすすんで飲むことが崇高な復興の祈りとなる!いざ、“日本酒を飲んで復興支援!!”を普及させようぞ!

2011年3月29日
仙台伊達家御用蔵 勝山 蔵元 伊達家御家流酒道 家元 伊澤治平

この記事の感想
  • とてもおもしろく役に立った (0)
  • おもしろかった (0)
  • 役に立った (0)
  • つまらなかった (0)