缶’s Bar

Decrease Font Size Increase Font Size Text Size Print This Page

 

Opening 1

 

缶詰を肴に一杯

東京・秋葉原駅、中央改札そばの高架下に今年1月23日にオープンした「缶‘sBar」。その名の通り、缶詰をアレンジした料理とお酒が楽しめるカフェ&バーだ。これまで飲食業の経験のなかった店長、長島朋之さんが他店とは違うメニューを作るため、缶詰を使うことを思い立った。

店に入ると、壁には焼き鳥やベーコンなど、おつまみにぴったりな選りすぐりの缶詰40種類ほどが並び、それがメニュー代わり。

そのまま開けて食べるのも良いが、長島さんが自宅のキッチンで試行錯誤しながら開発したというアレンジメニューも頼むこともできる。これまでに50〜60種類ものメニューを考え、試したそうだ。

これに合わせるお酒は、ワイン、ビールから地酒まで幅広くそろう。開店のためにソムリエときき酒師の認定をとった長島さんが、それぞれの缶詰に合うものをセレクトした。また、ワインには高級グラスのリーデル、地酒には錫製のカップというように、お酒を美味しく感じさせる心遣いもうれしい。

オリジナルの缶詰料理とそれに合わせて吟味されたお酒。この店でしか味わえない異色の組み合わせが楽しいお店だ。

 

FOOD&DRINK
Opening 2
缶に入ったままでも美味しいマッシュルームのアヒ ージョ(¥400)と人気のツナ揚げ餃子(¥400)。
URL
Opening 3
お酒や、おつまみのメニューはホームページからチェック。アレンジメニューはこれからも増える予定。
CANS
Opening 4
一面に並んだ色とりどりの缶詰。「缶つまシリーズ」の「厚切りベーコン」が一番人気。
MAP
Opening 5
JR秋葉原駅、中央改札口より徒歩3分。高架下に光る缶’sBarの看板と銀色の入り口が目印。

 

缶’s Bar
東京都千代田区神田花岡町 1-19
JR 秋葉原駅総武線高架下
03・3251・8722
平日 11:00 〜 23:00(L.O. 22:30) 土日・祝日 11:00 〜 21:00(L.O. 20:30)

写真/内藤サトル 文/ JQR 編集部

この記事の感想
  • とてもおもしろく役に立った (0)
  • おもしろかった (0)
  • 役に立った (0)
  • つまらなかった (0)