サキホール ヒビヤバー

Decrease Font Size Increase Font Size Text Size Print This Page
Opening top
酒粕を使った惣菜のことをこの店では、「香醸惣菜(こうじょうぞうざい)」と呼ぶ。写真はいずれも酒粕を使った料理。

 

日本酒をバースタイルで楽しむ

4月20日、東京・銀座にオープンした「サキホール ヒビヤバー」。世界初の日本酒カクテルの専門店である。日本酒といえば熱燗にしたり、徳利やお猪口で味わうのが一般的だが、ここではワイングラスやロックでいただく。

店内は7つの部屋に分かれていて、部屋ごとに違った蔵元のお酒が味わえるという趣向だ。どの部屋にも「サキ・ニック」(各580円)という蔵元酒を使ったカクテルがある。これは日本酒をベースにソーダとトニックウォーターを半分ずつ入れ、オレンジの皮を添えたもの。3日間かけて凍らせる自家製ミネラル氷は溶けにくく、味が薄まりにくい。オレンジの爽やかな香りと、ソーダが弾ける心地よい喉ごしは日本酒が初めてでも気軽に味わえると人気の一杯だ。

料理はそれぞれの蔵元の産地で摂れる食材を使ったものも用意。ほとんどの料理に酒粕が使われているのが特徴だ。当然、日本酒カクテルとの相性もいい。美味しい肴で新しい日本酒の味わい方を楽しめる店である。

 

ROOM
Opening 1
各部屋ごとに蔵元の日本酒や、酒造り風景の写真パネルを展示。現在、司牡丹酒造(高知県)、一ノ蔵(宮城県)、加藤嘉八郎酒造(山形県)、酒井酒造(山口県)、吉乃川(新潟県)、文楽(埼玉県)、今西清兵衛商店(奈良県)の7蔵元が入っている。
SAKE
Opening 3
香り豊かな日本酒をムースにし、客の目の前でカクテルにふわっと乗せる「サキ エスプーマ スタイル」も人気。写真は、ブルーキュラソー、ピーチネクター、エスプーマを日本酒と合わせた夏らしい「ムース・オン・ザ・ピーチ」(680円)。
URL
Opening 2
全部で111席。カクテル3杯と限定料理3皿がセットになったメニューは3200円。お店に行くたびに違う蔵元を選べば、毎回違ったお酒と料理が味わえる。店の入り口に吊された丸いもの(上の写真)は作り酒屋の軒先に吊されている本物の杉玉。
MAP
Opening 4
銀座駅B3出口を出て、徒歩約1分のとても便利な立地。オフィスビルの地下なので一見、行き過ぎてしまいそうになるので注意。店内に足を踏み入れると、レトロモダンな雰囲気がただよう。蔵元の人が訪れていることも多いという。

 

サキホール ヒビヤバー
東京都中央区銀座5-6-12みゆきビルB1
TEL.03-3572-7123
17:00〜23:00(LO)
テーブルチャージ500円

 

撮影/長尾 迪 文/中木 純

この記事の感想
  • とてもおもしろく役に立った (0)
  • おもしろかった (0)
  • 役に立った (0)
  • つまらなかった (0)