Meet the Japan 2013

Japan Undercover - vol.3

Decrease Font Size Increase Font Size Text Size Print This Page

領土問題で中国や韓国からの観光客が激減しているのはご存じの通り。観光立国を目指す日本だが、現実はお寒い限り。2010 年度は861 万人、2011 年度は東日本大震災の影響で、推計622 万人に止まる。今年は、さらに減少するのでは、と言われている。そうした中、政府の観光庁は、中国、台湾、韓国、香港などからの、ずばり20 代から30 代の女性観光客を呼び込む戦略に力を入れ始めた。それが、「Meet the New Japan2013」キャンペーン※ 1 だ。観光庁のホームページ※ 2 を見ると鼻息が荒い。曰くキャンペーン3大ポイント!❶ターゲットやエリアを絞り、訪日意欲を刺激する「特典・イベント・ツアー」を一体的にプロモーション。❷ 関西エリア・東京エリア約10,000 店舗の特典提供とともに、18 週連続体験プログラムを展開。❸現地旅行会社とタイアップ。オリジナル性ある認定ツアーを100 本以上販売。

このキャンペーンは、関西で12月1 日から来年2 月28 日まで、東京エリアでは、2 月1 日から3月31 日まで開催されるという。外国人観光客がパスポートを見せれば、色々お得なサービスを受けることができる。

ミソは、現地旅行会社とのタイアップ。初めて日本に来る人にもリピーターにも、バラエティに富んだ「キャンペーン・オリジナル認定ツアー」を企画しているところだろう。

また、日本にいるアジアの留学生20 名をサポーターとして、Facebook ※ 3 などSNS を駆使した海外への情報発信策であるとか、ミス日本をスペシャルサポーターとしておもてなしを強化するとか、涙ぐましい努力が垣間見える。

しかし、Facebook ページの「いいね!」数は、13,355(2012 年12月8 日現在)に止まっているし、オフィシャルHP のキャンペーンページ等には”Coming Soon” が多い等、いささか出遅れ感が否めない。

こうした官の取り組みの一方で、民間の取り組みにも注目したい。月間アクセス数およそ600 万件という外国人向け日本観光総合サイト。それが”japan-guide.com”※4だ。東日本大震災の被災地への観光案内も充実しており、復興への一助となっている。

また、2015 年春には北陸新幹線が開通する。北陸の魅力を前面に打ち出した施策も必要だろう。

一方で気になるのは表玄関である東京へのアクセスの悪さだ。成田や羽田についてから都心へのアクセスは最悪だし、駅や空港の案内表示板もほとんどない。インフォメーションセンターもほとんどない。こうしたインフラを整備することが先決なのではないか。地図と睨めっこしている外国人旅行客に道案内する度に、その思いを強くする。

※ 1「Meet the New Japan 2013」(http://meet-j.jp/)
※ 2 観光庁(http://www.mlit.go.jp/kankocho/news08_000144.html)
※ 3 “Meet the New Japan” Facebook Page(https://www.facebook.com/pages/Meet-The-New-JAPAN/422616404469024)
※ 4 “japan-guide.com”(http://www.japan-guide.com/)

この記事の感想
  • とてもおもしろく役に立った (0)
  • おもしろかった (0)
  • 役に立った (0)
  • つまらなかった (0)