二兎を追った落語家は。

志ら乃劇場 - 第二席

Decrease Font Size Increase Font Size Text Size Print This Page

Shirano

私が入門した15年前のその日、師匠志らくから「なんでもいいから何かのオーソリティになれ」「落語だけやっていても絶対に売れない」と言われたことをよく覚えている。

この二つの言葉は危険を含んでいる。どういうことかと言うと「落語はさておき落語以外の特技で売れろ」と解釈できなくもないからだ。「立川流の落語家」という肩書きをぶら下げて他業種に行くと予想以上にちやほやされることがある。それは立川談志が拵えた立川流ブランドの恩恵を受けているだけなのだが、気を付けないとそのことを忘れてしまう。そしてその心地良さから本業が何であるのかなど顧みず、落語以外のことに精を出す生活に突入する。これが昨年まで落語の評判が上がらない私の生き方だったように思う。

師匠志らくも落語以外のことを随分とやっている。私の入門前には談春師匠と「立川ボーイズ」というコンビを組みコントをやっていた。深夜のテレビ番組などに出まくって、一時は落語界のアイドル「落ドル」として週刊誌のグラビアなどにも出ていた。映画にも詳しく「キネマ旬報」誌で長いこと連載を持っているし、「男はつらいよ」に関して言えばDVDマガジンの解説までしている。家元の影響から懐メロにも精通しており、NHKラジオの特番では必ず声が掛かっている。

では、師匠志らくも私と同様に落語の評判が上がらないかと言うと正反対にうなぎ登り。「うなぎ登り」の反対語は「あわび湿り」だと言った人がいたが、今はそんな話はどうでもいい。

何が違うのか。それは軸足が「落語」にあるか無いかの差だ。いわゆる「落語ブーム」で世間の落語に対するイメージは改善されたが、それ以前は結構酷いものだった。落語イコール「ダサいもの」というイメージがあればいい方で、その存在すら知らない人が大半だったのではなかろうか。そんな世間をどうにか落語で唸らせたいと家元立川談志は戦い、その教えを受けた師匠志らく、そしてそれを支えた高田文夫先生の尽力は想像の域を大きく越えるものであろう。世間が「落語」で振り向かなければ取り敢えず社会的に注目を浴び、目が向いたところに落語をぶつける。全ては落語をぶつけるための作業であり、その作業が落語そのものを良くしていく糧になっていなければならないのだ。「そんなの当たり前だろ」と思うかもしれないが、その作業が自分自身の手に負えるものではないと思った瞬間そこから逃げ出す選択肢を選ぶ人間がいることも容易に想像がつくのではないだろうか。落語に限ったことではないと思う。

ここに来てようやく入門時に頂いた二つの言葉の中に「立川流の落語を必死こいてやる」という大前提が含まれていることや「落語だけで売れれば大したもの」という解釈の仕方があることに気が付いた。いや知ってはいたが逃げ回っていただけか。枝葉ばかりに気を取られ幹や根の存在を蔑ろにするとどうなるか身に沁みている。結果はどうあれ、まずはがっぷり四つに組むことが先決だ。

この記事の感想
  • とてもおもしろく役に立った (0)
  • おもしろかった (0)
  • 役に立った (0)
  • つまらなかった (0)