澤田洋史のカフェ進化論 Vol.10

Decrease Font Size Increase Font Size Text Size Print This Page

 

子どもたちが憧れるバリスタになるために

先日、銀座のアップルストアで開催されたトークイベントに参加しました。テーマは“ 次世代コーヒーカルチャー” です。

まず、ラテアートのパフォーマンスで付加価値を付け、ファッションブランドとコラボレーションするなど、これまでのコーヒーショップにはなかった取り組みについて話しました。

また、バリスタの作業はアスリートのようでもあるため、動きやすい格好やクッション性の良い靴なども必需品。そこで、スポーツブランドと開発したウエアを着て僕がラテアートを作るムービーを会場で流しました。ミルクを温める蒸気の音や、友人のタップダンサーの軽快なダンスとリズムが重なり、なかなかの出来映え。よかったらチェックしてみてください。

当日はあいにくの雨にも関わらず、キャパが180 人の会場に200 人以上が来場してくれました。立ち見が出るほどの盛況です。僕自身、いろいろなイベントに招いて頂くことが増えていますが、バリスタがより注目されてきているなと、手応えも感じています。

このように、様々なコラボグッズや今回のイベント、ムービーが作れたのも、すべて店に足を運んでくれたお客様がきっかけです。僕たちはコーヒーを作っているだけではなく、出会った人たちと楽しいことが出来たらいいな、と思って毎日ラテアートを描いているのです。そこから面白いことが発生して、次世代のコーヒーカルチャーが生まれると僕は信じています。

そういえば先日、毎日小学生新聞の取材を受けました。小学生たちに将来の夢を聞くと「ケーキ屋さん」や「お花屋さん」などの声があがったのですが、そこで「バリスタ」なんていってもらえるといいですよね。

その時ふと、「バリスタ」という職業を知ってもらうためにも、子ども向けにシロップを入れ、エスプレッソの量を減らしたカフェラテがあってもいいんじゃないかと思いました(笑)。懐柔のためにメニューに載せるんです。すると、子どもたちもお店やスタッフなどにも興味を持つのでは。子どもにも憧れられるバリスタなんて、かっこいいですよね。

 

Cafe 2 澤田洋史 Hiroshi Sawada
バリスタ。ラテアーティスト。大阪府出身。食品メーカー勤務後、アメリカ・シアトルに留学。そのときラテアートに出会い魅せられる。帰国後は再び食品メーカーに勤務するが、コーヒーの道を志すため独立。2008年Free Pourラテアートワールドチャンピオンに輝き、2010年自身がプロデュースするコーヒーショップ「STREAMER COFFEE COMPANY」をオープン。

 

STREAMER COFFEE COMPANY
東京都渋谷区渋谷 1-20-28 宮川ビル 1F
TEL03-6427-3705
http://streamercoffee.com/
Cafe 1

 

この記事の感想
  • とてもおもしろく役に立った (0)
  • おもしろかった (0)
  • 役に立った (0)
  • つまらなかった (0)