澤田洋史のカフェ進化論 Vol.1

Decrease Font Size Increase Font Size Text Size Print This Page

美しい“ラテアート”は美味しさの証明

みなさんは“ラテアート”をご存知ですか?カフェラテの上にスティックで絵を描くイメージを持つ方が多いと思います。ですが、僕がつくる“ラテアート”はこれとは別物。ミルクピッチャーを使ってミルクをカップに注ぎ、ひとつのリーフやハートだけでなく、様々な絵や文様を描きます。

“ラテアート”の発祥はイタリアです。海を渡りアメリカ・シアトルに伝わると、“フリーポアラテアート”へと進化しました。作り手のテクニック次第で、見た目の美しさも味わいも格段に違うカフェラテが生まれます。それが“フリーポアラテアート”です。シアトルでは“フリーポアラテアート”の大会が毎年開催され、世界中のバリスタが集い、技を競い合っています。

ミルクピッチャーを使うだけでカップに様々な絵を描く“フリーポアラテアート”の手法が進化した理由のひとつに、スケートボードやスノーボードに似たスリルがあるからだと僕は考えます。「ここでこの技をやったら転倒するだろうな」、「この注ぎでは絵を描き終わる前にミルクがカップから溢れてしまうかな?」、などと思いながら、ぎりぎりのところで勝負する。そんなスリリングな感覚が似ているのです。アメリカ、特に西海岸の人々はスポーツもカルチャーも(もちろんコーヒーも)、スリルを味わいながら技を磨き進化させていくことが大好き。僕もそんなところに魅せられて、今に至っている気がします。

実際の“フリーポアラテアート”は、カフェラテの美味しさを証明するために誕生しました。使うのはコーヒーとミルクだけ。豆の挽き方やエスプレッソの抽出が不出来だと、下地となる美しいブラウンは現れません。これにミルクを注いでも、きれいなコントラストは生まれないのです。

同時にミルクにも細心の注意が必要です。微妙な温度調節に成功し、きめ細かいフォーム(泡)が作れるとミルクの甘味が深まり、しかもエスプレッソの上になめらかな絵を描くことができるのです。つまり、味とアートが比例しないと“フリーポアラテアート”とは呼べないのです。

残念なことに日本では、“フリーポアラテアート”があまり知られていません。この連載を始めるにあたって、もっとたくさんの人にその魅力と味を知ってもらえたら嬉しいですね。そして、僕が日頃コーヒーに対して感じていることも、お伝えできればと思っています。

 

Cafe 2 澤田洋史 Hiroshi Sawada
バリスタ。ラテアーティスト。大阪府出身。食品メーカー勤務後、アメリカ・シアトルに留学。そのときラテアートに出会い魅せられる。帰国後は再び食品メーカーに勤務するが、コーヒーの道を志すため独立。2008年Free Pourラテアートワールドチャンピオンに輝き、2010年自身がプロデュースするコーヒーショップ「STREAMER COFFEE COMPANY」をオープン。

 

STREAMER COFFEE COMPANY
東京都渋谷区渋谷 1-20-28 宮川ビル 1F
TEL03-6427-3705
http://streamercoffee.com/
Cafe 1

 

この記事の感想
  • とてもおもしろく役に立った (0)
  • おもしろかった (0)
  • 役に立った (0)
  • つまらなかった (0)